VC PTN 2870485 BlogKenJr. 吉野家で見つかったのではなく吉野家がみつけたのだ
FC2ブログ
作家志望であるかどうかあやしくなってきた作者が、広く世の中に認知してもらうためのあらゆる実験を行うための日記。また作家になるかどうかあやしくなってきた過程を随時報告していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
吉野家で見つかったのではなく吉野家がみつけたのだ
長持ちするやつか

遠くまで飛ぶやつか

今夜はどっちのブロッケンがええんや?

ヤラシイわ~

ヤラシイやろ


「BlogKen」と「BlogKenJr.」

どっちにする?



ああ、どうもけん@jetです。

うそです、けんです。



吉野家が購入した牛肉の中から特定危険部位を見つけた。

そう、タイトルにも書いたように、見つかったのではなく見つけたのだ。


因みに吉野家は牛肉を輸入ではなく購入している。

つまりアメリカの牛肉生産業者から、吉野家の間には多数の中間業者や米日の公的機関が介入している。

当然その中にそれぞれのチェック機関があるはず。

ところがそれらが全て見逃し、最後の最後まさに消費者の口に入る直前である吉野家が発見したのである。


この問題の影響なのか吉野家は株価を下げている。

テレビの報道番組の街頭インタビューやアンケートでも吉野家に対して不信感を抱く人が半数を超えていた。


しかし、この問題で吉野家は評価されこそすれ、信用を失うような行為はしていない。


吉野家が発見した特定危険部位が含まれる牛肉は700箱の内の1箱から発見されたのだ。

700分の1をクリアしたのだ。

大変な確率だ。

ところがこれは当たり前である。

吉野家は全箱をチェックしているから、例え1000箱に1箱、いや今まで検査してきた箱数からしたら何万箱に1箱でも発見できただろう。


本当に不信感を抱かれるべきは、吉野家に至るまでの関係者、商社である伊藤忠商事や日本国政府農林水産省や厚生労働省のチェック機関である。



アメリカ側が信用ならないのはこれまでの経緯と、その後も見解の違いから改まる様子のないことは明らかだった。


にも関わらず政府機関はこれまでの全箱検査から、わずか数%の抜き取り検査にいつの間にか移行している。

700個の中に一つしかないものを、700から1箱だけあけて発見できる確率は当然700分の1である。


何故そんな宝くじや万馬券を当てる以上の確率しかない方法で検査するのか。

政府はギャンブルでもやっているつもりなのか。


伊藤忠商事にいたっては、そんなギャンブル狂の政府を完全に信用し、箱を開けて検査を実施していなかったという。


ところが報道各期間の報道の仕方が悪く、われわれ消費者の頭には、吉野家の牛肉から危険部位が発見されたということしか印象づけられていない。


そのせいで株価まで下がったとあっては、いままで何万分の1をクリアするために企業努力を続けてきた吉野家はたまったものではない。



今回問題となる特定危険部位を含む牛肉を輸出した米国ナショナルビーフ社は、日本が輸入する牛肉の約3割を占めるという。


この会社が輸出する牛肉は吉野家だけに販売されるわけではないのだ。


つまり吉野家以外の外食産業やスーパーなどの小売店には、チェックをすり抜けた危険部位を含む牛肉が売り出され、われわれ消費者の口に入っていたのかもしれない。

政府のギャンブルや商事の人任せによって。




われわれ消費者は牛肉を口にすることも、牛肉に関するニュースを見聞きすることも結局は受身にしかならない。


いくら気を使っていても、最終的には何かのお墨付きに頼らざるを得ない。


そうでなければ何も食べられず、何も信用できなくなるからだ。



それらを提供する側はそんな弱い立場の消費者のために、正しい商品、正しい情報を提供してほしいものだ。



なんて自分にも言い聞かせています。




参考: 吉野家に関するニュース



KINCHO | CM情報 | CM集 | 【キンチョール】どっちにする?篇

[テーマ:気になるニュース | ジャンル:ニュース]

【2008/04/25 16:02】 | コラム・エッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<今日の思い込み | ホーム | 今日の似てる人>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://knightsendnight.blog48.fc2.com/tb.php/776-8858fa37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Top
今見てる人

現在の閲覧者数:

プロフィール

けん@neo

Author:けん@neo
作家を目指しながらも、日常に追われる日々を過ごす37歳。
名古屋生まれの、名古屋育ち、だが現在は関東在住。
作家に限らず、同じように自分の才能を世の中に送り出したいと考えている方たちと、交流がしたいです。
YouTubeにTwitterもやってます。

お仕事ご依頼フォーム

けん@neoへのお仕事のご依頼は コチラ から

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

Search Google

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

ぽちっとしてね

banner2.gif にほんブログ村 お笑いブログへ にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ

Twitter

FC2アクセスランキング

Google AdSence

amazon

新星堂ショッピングサイト

FC2アフィリエイト

FC2

i-mobile



あし@


ブログ(blog)ならFC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。