VC PTN 2870485 BlogKenJr. 電波男
FC2ブログ
作家志望であるかどうかあやしくなってきた作者が、広く世の中に認知してもらうためのあらゆる実験を行うための日記。また作家になるかどうかあやしくなってきた過程を随時報告していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
電波男
最近、海外でもそのまま使える携帯というのが増えているようですね。

海外旅行や出張に頻繁に行く方たちには重宝されることでしょう。

あれはどうなんですかね。

海外でも普通に普段使っている番号で日本に電話出来るのでしょうか。

そして、海外に居ても自分の携帯に電話がかかってきたら繋がるのでしょうか。

そんなことを考えているうちに、ふと疑問に思ったことがあります。

もし先に書いたように、海外でも普通に自分の携帯が使えるとしたら、電波ってどうなっているのでしょうか。

いやよくよく考えてみると、海外に限らず国内でも、いわゆる圏内と言われる所にいれば、常に電話をかけたり受けたりすることができます。

こちらから発信する場合はなんとなく理解できます。

この端末から電波を飛ばして、圏内であればその電波が届く範囲にアンテナとか基地局があって、受信してくれるのでしょう。

しかし、逆にかかってくる場合、その電波はいったい何処に向かって発信されるのでしょう。

自分のいる場所は常に変わります。

圏内は圏内なのですが、その位置は特定はできません。

しかしちゃんと圏内にいれば電話は自分の所にかかってきます。

それはつまり自分の所に向かって電波が発信されているということです。

どうやったら場所の特定出来ないものに向かって電波を飛ばすことが出来るのでしょうか。

それとも、圏内全てに向かって自分の電話への電波が飛ばされるのでしょうか。

そうなると、携帯を持つ人達全てに対する電波が圏内を飛び交うことになります。

現在の携帯電話の契約数を考えると、それはものすごい量の電波なのではないでしょうか。

もうひとつ考えられるのは、自分の携帯が常に自分の位置を基地局に向かって発信している場合です。

そうすれば決まった方向、もしくは範囲に電波を飛ばせばよくなるので、先の場合よりも電波の量は少なくて済むように思えます。

しかし、これはこれでいつも自分の位置が誰かに知れるようで、なんだか気味が悪いです。

いつも何気無く使っている携帯電話ですが、僕はその構造や仕組みをほとんど知りません。

携帯に限らず、家電や車なんかも便利だ便利だと言いながら、全くそのものについて深く考えずに使用しています。

僕たち使う側がもう少しその製品などについて考えるようになれば、最近頻繁に起こっているような悲惨な事故も未然に防ぐことが出来るかもしれませんね。

[テーマ:携帯電話 | ジャンル:携帯電話・PHS]

【2006/08/06 19:45】 | コラム・エッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<今日のCMのCMへのCM(コメント) | ホーム | 今日の聞き間違い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://knightsendnight.blog48.fc2.com/tb.php/440-9007e07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Top
今見てる人

現在の閲覧者数:

プロフィール

けん@neo

Author:けん@neo
作家を目指しながらも、日常に追われる日々を過ごす37歳。
名古屋生まれの、名古屋育ち、だが現在は関東在住。
作家に限らず、同じように自分の才能を世の中に送り出したいと考えている方たちと、交流がしたいです。
YouTubeにTwitterもやってます。

お仕事ご依頼フォーム

けん@neoへのお仕事のご依頼は コチラ から

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

Search Google

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

ぽちっとしてね

banner2.gif にほんブログ村 お笑いブログへ にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ

Twitter

FC2アクセスランキング

Google AdSence

amazon

新星堂ショッピングサイト

FC2アフィリエイト

FC2

i-mobile



あし@


ブログ(blog)ならFC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。