VC PTN 2870485 BlogKenJr. イルカの師匠
FC2ブログ
作家志望であるかどうかあやしくなってきた作者が、広く世の中に認知してもらうためのあらゆる実験を行うための日記。また作家になるかどうかあやしくなってきた過程を随時報告していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
イルカの師匠

なごーりー雪もー♪

降るー時ーお尻ー♪

ふざーけー過ぎ。



ああ、どうもケンドルフィンです。

嘘です、けんです。



今日、イルカショーを見ていて思ったのですが。


凄い高さまでジャンプしたり、水中や空中で、ぐるぐる回転したりと、とても見事な動きでした。

でも、あれってどうやって教えているのですかね?



どれも凄い演技だけに、とても人間に真似できる動きではありません。

ということは、イルカに見本を見せて教える訳にもいきません。

だとすれば言葉が通じないイルカに、どうやって見本無しにあんな複雑な動きを教えることが出来るのでしょうか?



そこで、僕は考えました。


ショーのイルカにはイルカの師匠がいるのです。


イルカの様々な演技は、人間ではなく、イルカの師匠が直接イルカに教えているのです。

ショーのイルカはそうして代々イルカ同士で演技を伝えていくのです。


人間はイルカの師匠の補助に過ぎません。


コミュニケーションが取れない、見本も見せる事が出来ない人間は教えることが難しいですが、コミュニケーションが取れて見本も見せる事が出来るイルカの師匠なら、教える事も簡単なのではないでしょうか。



イルカのショーは、こうして綿々と技術が引き継がれて続いてきたのです。



しかし、ここで新たな疑問が出てきます。

代々続くショーイルカの技術を伝えるイルカの師匠。

そのイルカの師匠の 初代はいったいどうやって演技を教わったのでしょうか?

誰か教えて下さい。




banner2.gif

にほんブログ村 お笑いブログへ

[テーマ:その他 | ジャンル:その他]

【2011/01/03 21:37】 | コラム・エッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<真木クラウド | ホーム | ツイタッターはかく語りき>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://knightsendnight.blog48.fc2.com/tb.php/1045-624e797a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Top
今見てる人

現在の閲覧者数:

プロフィール

けん@neo

Author:けん@neo
作家を目指しながらも、日常に追われる日々を過ごす37歳。
名古屋生まれの、名古屋育ち、だが現在は関東在住。
作家に限らず、同じように自分の才能を世の中に送り出したいと考えている方たちと、交流がしたいです。
YouTubeにTwitterもやってます。

お仕事ご依頼フォーム

けん@neoへのお仕事のご依頼は コチラ から

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

Search Google

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

ぽちっとしてね

banner2.gif にほんブログ村 お笑いブログへ にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ

Twitter

FC2アクセスランキング

Google AdSence

amazon

新星堂ショッピングサイト

FC2アフィリエイト

FC2

i-mobile



あし@


ブログ(blog)ならFC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。