VC PTN 2870485 BlogKenJr. 2007年02月
FC2ブログ
作家志望であるかどうかあやしくなってきた作者が、広く世の中に認知してもらうためのあらゆる実験を行うための日記。また作家になるかどうかあやしくなってきた過程を随時報告していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「土」
「月」を読んでいない方はこちら

「火」を読んでいない方はこちら

「水」を読んでいない方はこちら

「木」を読んでいない方はこちら

「金」を読んでいない方はこちら




「土選びから始まるわけですよ。なんといっても陶芸は土によって決まりますから」

井川がローカルTV局のインタビューに答えて言う。

「なるほど、やっぱり土にもいい土、悪い土があるのですね?」

レポーターの女性が目の前の作業台の上に乗った土の塊をつつきながら言う。

「もちろんです。土を選ぶ技術、こねる技術、かたどる技術、その他様々な技術が結集して、ようやく一つの作品が出来上がるのです。どれか一つが欠けてもいい作品は出来ません」

井川が力説するのをレポーターは真剣な表情で頷いている。

「井川さん、今日はどうもありがとうございました」

井川に一礼し、レポーターはカメラに向き直り、

「それでは『いきいきサタモ二』来週は水墨画家の十条さんの工房におじゃまします。また来週!」





収録が終わり、スタッフが機材を片付け始める。

「今日は本当にご協力ありがとうございました」

ディレクターが改めて井川のもとに挨拶に来る。

「いやあ、こちらこそいい宣伝になります。陶芸家なんて言うと聞こえはいいですが、ほとんど陶芸教室で食っているようなものですから」

井川は芸術家や職人ぶったところが無く、気さくに言った。

「そうですね、放送を見て生徒さんが増えたら僕達も伺った甲斐があります」

ディレクターは笑顔でそう言い残し、スタッフ達と工房を出て行った。

皆が出て行った後、一人残った井川が呟く。

「まったく……芸能人にでもなったつもりか」





「山さん、やっとわかりましたよ」

写真を片手に刑事部屋に駆け込んできた順二。

「男の名前は花山金太郎。年齢は25歳。ローン会社アイクルの社員です」

「どこに住んでる?」

「都内の会社の寮ですね、先程会社の方に電話したら今日は既に外回りの営業に出ています」

「行く先は?」

「聞きだしてあります」

「よしいくぞ」

W山田刑事はそろって刑事部屋を飛び出していった。



続きを読む

[テーマ:自作小説 | ジャンル:小説・文学]

【2007/02/03 22:36】 | 小説 | トラックバック(1) | コメント(2) |
「金」
「月」を読んでいない方はこちら

「火」を読んでいない方はこちら

「水」を読んでいない方はこちら

「木」を読んでいない方はこちら




「金融道十ヶ条唱和!」

「一つ!借りたくないと思う人に貸すべし!借りたいと思う人にはさらに貸すべし!」

「一つ!!借りたくないと思う人に貸すべし!!借りたいと思う人にはさらに貸すべし!!」



花村は朝礼時のこの日課が嫌いだった。

「こんなことしてる暇があったら飛び込み営業の一つでもやっていたいよ」

唱和しているかのように大口を開けながら、小声でそう呟く。

「大体なんだよ、金融道って。漫画かよ」

周りの社員は皆、真面目に唱和しているために、花村の社内批判は全く聞こえていない。

15分かけて十ヶ条を唱和したあと、これも恒例の営業所長の話が15分続く。

計30分、15人いるこの営業所の社員全員が無意味な時間を過ごす。



「えーそれでは最後に、先月の営業成績トップの者を表彰したいと思う」

これも月に一度の恒例で、前の月の成績がもっとも優秀だった者に、所長自ら金一封を社員全員の前で渡す。

「花村金太郎君、前へ来たまえ!」

花村はこの表彰も嫌いだった。

花村はこの営業所内ではかなり優秀な方で、この表彰制度が始まって以来、一年半の間に実に16回も表彰を受けていた。

表彰を受けること自体は名誉なことと思っているが、皆の前で大きな声で名前を呼ばれるのが恥ずかしくて仕方が無かった。

花村は自分の名前が嫌いだった。

子供の頃は名前のことでよくからかわれた。

からかう相手には、抵抗すればするほどエスカレートすることが分かっていた花村は、平気なふりをしていたが、内心はいつも名前のことで悩んでいた。

それは大人になっても変わらないどころか、どんどん人前で名前を呼ばれることが恥ずかしくなっていった。

何度か両親に自分の名前の由来を尋ねてみたが、花村が名前を気にするようになった思春期には既に他界していた祖父が付けたものらしく、両親も由来は分からないという。

(なんていいかげんな親だ。自分の息子のことなのに)

花村を一層いらだたせるのは、彼の妹には美紗子という美しい名前が、しかも両親によって付けられていることだった。

しかし、両親のいい加減さや、妹を恨んでも自分の名前が変わるわけでもなく、花村は半ばあきらめ気味で25年間自分の名前と付き合っていた。


続きを読む

[テーマ:オリジナル小説 | ジャンル:小説・文学]

【2007/02/02 17:22】 | 小説 | トラックバック(1) | コメント(0) |
「木」
「月」を読んでいない方はこちら

「火」を読んでいない方はこちら

「水」を読んでいない方はこちら




「木彫りの熊ってあるじゃないすか。あの口にガってシャケくわえたやつ。あれってなんで何処の家の玄関にもあるんすかね?」

助手席の男が質問なのかひとり言なのかわからない言い方でしゃべっている。

「うちの玄関にはない」

後藤は、助手席の方をちらりとも見ずに一言で答える。

「そうっすか?うちの実家にもあったし、俺が訪ねる家にはたいがいありますよ。今日行った家にもあったし」

後藤が今の会話を続ける意思がないことが、助手席の男にはうまく伝わらなかったようだ。

「でも今日の家のやつはすごいね。なんてったって実物大だから」

「なにが?」

「なにがって、熊がですよ。シャケだけ実物大じゃバランス悪いでしょ」

後藤は睨みつけるように助手席の男を見るが、今度は男の方が窓の外を見ているため、またも効果はなかった。

「まあ何が凄いって、そんな馬鹿でかいものおける玄関がすごいっすよね」



後藤は早くもこの男を自分の車に乗せたことを後悔していた。




後藤が人里に下りてくるのは10日振りのことだった。

後藤は山中にある個人の木炭工房で炭焼きの仕事をしている。

元来、人付き合いが苦手な性分で、25年前は自分に向かない営業の仕事をしている内にストレスで酒にはしった。

そして当時の妻に愛想をつかされ、幼い子供を連れて出て行かれる。

その直後に会社を辞め、自分を見つめなおすための旅の途中で今の炭焼きの仕事に出会った。

人相手ではなく、木と火を相手にする仕事は自分の天職であると後藤は直感する。

彼はそのとき訪れた炭焼き職人の下で修行をつみ、10年かかって小さな自分の炭焼き工房を持つまでになった。

そして師匠の下を去り、個人で炭を焼くようになってからは、ますます人との付き合いを断っていった。



そんな後藤がどうして見ず知らずのこの男を自分の車に乗せる気になったのか。

後藤自身も不思議であった。

しかし、後藤は人付き合いが苦手なだけで、元々冷たい人間ではなかった。

滅多に人も車も通らない林道を、とぼとぼと肩を落として歩く男の後姿を見て、思わず自分から車の窓を開け、彼に話しかけていた。

「どうしたんだね?こんなところで」

案の定、男は2時間に一本しか来ないバスに乗り遅れたという。

「乗っていくといい」

そんな途方にくれた男をほおっておけるほど強気なら、逆にもっとうまく人と付き合うことが出来たかもしれない。

後藤はそんなことを思いながら、男を車に乗せた。




続きを読む

[テーマ:自作連載小説 | ジャンル:小説・文学]

【2007/02/01 20:31】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(1) |
Top
今見てる人

現在の閲覧者数:

プロフィール

けん@neo

Author:けん@neo
作家を目指しながらも、日常に追われる日々を過ごす37歳。
名古屋生まれの、名古屋育ち、だが現在は関東在住。
作家に限らず、同じように自分の才能を世の中に送り出したいと考えている方たちと、交流がしたいです。
YouTubeにTwitterもやってます。

お仕事ご依頼フォーム

けん@neoへのお仕事のご依頼は コチラ から

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

Search Google

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

ぽちっとしてね

banner2.gif にほんブログ村 お笑いブログへ にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ

Twitter

FC2アクセスランキング

Google AdSence

amazon

新星堂ショッピングサイト

FC2アフィリエイト

FC2

i-mobile



あし@


ブログ(blog)ならFC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。